建築現場で気にかけている事 それは・・・

工具イロイロ




私が気にかけている事を紹介します。

それは、建築現場で使用している工具を観察することです。

何故だと思いますか。

それは・・・

工具を見て・使って・確かめる事で、工具を選ぶ時の参考にしているからです。

現場にはいろいろな職種の職人さんがいます。

職種によって使用している工具も様々です。

工具を選定するには最高の場所ですよ。

工具を販売している金物屋さん・材料屋さん・ホームセンター見ることはできます。

ケースに収納されていれば、手に持って確かめる事もできません。

手に持つことができても、実際に使用する事はできません。

ネット販売では、見る事もできません。

今使っている工具と同じ物を購入するのなら、その工具のメリット・デメリットが分かっているので、問題ないと思います。

ですが、初めて選ぶ工具はメリット・デメリットが、わからないですよね。

カタログやネットには、サイズは記載していると思います。

ですが、実際に手に取ってみないと感触だけはわかりません。

それが建築現場では、実際に使用しているので、見て・使って・確かめる事ができます。

知らない人に借りる事はできませんが、同じ現場で数週間いれば少しは仲良くなれます。

仲良くなったころを見計らって、

「この工具、ちょっと貸して」

手に持った時の大きさや感触を確かめる事ができます。

「この工具、これどうやって使うの?」

使い方の確認もできます。

「この工具、使ってみてどうだった?」

メリット・デメリットの確認ができます。

日常会話みたいにして、工具の使い勝手の確認ができます。

これがとても重要ですよね。

「この工具、使いやすそうだなあ~」と思っていても、

実際に使ってみたら、使いやすくなかったりします。

「この工具、使いづらそうだなあ~」と思っていても、

とても使いやすかったり、便利だったりします。

気付きや発見がありますよ。

実際に使ってみる事は重要です。

ですが、比べる対象がなければ、本当に使いやすいのかわかりせん。

色々な工具を使ってみてわかることだと思います。

私が見て・使って・確かめて良いと思った工具を紹介します。

ですが、私と皆さんが同じだとは思いません。

私がいいと思っても、違うと思う方もいると思います。

ですが、工具を選ぶ時の参考にはなるとは思います。

暇つぶしにでも、見ていってくださいね。

 

■ 合わせて読みたい関連記事

・ プロフィールに関する記事はこちら
長島博則のプロフィール

■ 長島のTwitter

フォローしてもらえると嬉しいです。
twitter.com/nama_nagashima




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

25年間、電気工事士として沢山の種類の工具を使ってきました。 今まで使ってきて、便利だと思う工具を紹介しています。 工具を選ぶ時の参考にしてくださいね。