充電式冷温庫の種類と使い方! バッテリで保冷・保温

HiKOKI コードレス冷温庫 UL 18DA(XM)




こんにちは、長島です。

今回は『充電式冷温庫』を紹介します。

充電式タイプの小型冷温庫です。

充電式冷温庫を選ぶ時の参考にしてくださいね。

 

充電式冷温庫とは

充電式タイプの小型冷温庫です。

出典元:amazon

夏場の建築現場では、水分補給は欠かせません。

体にはよくないとわかっていても、やはり冷たい飲み物が欲しくなりますよね。

ですが、作業現場に冷蔵庫を持ち込むのは、無理のような気がします。

その時に便利だと思うのが、充電式冷温庫です。

冷やすのはもちろんの事ですが、温める事もできますよ。

HiKOKIから販売されています。

カセットガスで冷やすクーラーボックスもありますが、カセットガスのランキングコストがかかってしまいます。

バッテリタイプだと最初の購入金額が高いですが、ランキングコストが安いです。

 

充電式冷温庫の種類

■ メーカー

・ HiKOKI(工機ホールディングス株式会社)

私が知らないだけかも知れませんが、充電式冷温庫を販売しているはHiKOKIだけです。

■ 電源

・ AC100V(ACアダプタを利用)
・ DC12V(車両用DCコードを利用)
・ バッテリ(14.4V・18V・マルチ)

上記3種類で保冷・保温する事が可能です。

スイッチ1つで、切替えが可能です。

屋内で使用する時には、AC100V
車で使用する時には、DC12V
屋外で使用する時には、バッテリ

3電源方式なので、イロイロな場面で切替える事ができますよ。

UL 18DAは、バッテリを2個装着させる事が可能です。

2つ装着させることで使用時間が倍になります。

バッテリ①とバッテリ②があるので、2個装着させた場合には、①から使用され、①の充電がなくなったら、自動的に②に切替わります。

長時間使用したい場合には、バッテリを2個装着させてください。

▪ 注意する事

車によってはDC24Vタイプがあります。

トラック等の大きな車に多いですね。

DC24Vタイプの車では使用する事ができないので確認されてください。

もし電圧が違う車で使用したい場合には、DC24V ➡ DC12Vに変換するアダプタが必要です。

そちらも検討されてくださいね。

オートバックスやイエローハットに置いていますよ。

■ 容量(サイズ)

① 25L たて(340mm)×よこ(560mm)×高さ(445mm)

出典元:amazon

② 缶1本  たて(188mm)×よこ(110mm)×高さ(145mm)

出典元:amazon

上記、2種類があります。

①は25Lもあるので、少しは入ると思いますが、②は缶1本しか入れる事ができません。

1本しか入れる事ができないので、いったいどこで使うのって感じですよね。

持ち運びやすいように小さくしたのだと思いますが、最低でも缶6本くらい入るサイズがほしい気がします。

■ 温度

▪ UL 18DA

・ 保冷 ー25℃
・ 保温 +45℃

▪ UL 1810DA

・ 保冷 ー12℃
・ 保温 +30℃

外気温を基準に保冷・保温できる温度です。

UL 18DAの方が保冷・保温ともに優れています。

保冷・保温に優れていますが、保冷の最低温度が5℃で、保温の最高温度が55℃になっています。

この範囲までの温度しか利用できなくなっています。

■ 使用時間

強さに応じた使用できる時間です。

バッテリの残量や状況によって異なりますが、目安として参考にしてください。

HiKOKI コードレス冷温庫 UL 18DA(XM) 使用時間

 

充電式冷温庫のメリット・デメリット

コードレス冷温庫 UL 18DA(XM)の場合

■ クーラーボックスと比べてみました。

▪ メリット

・ 3電源方式で保冷・保温できる。
屋内で使用する時には、AC100V
屋外で使用する時には、バッテリ
車で使用する時には、DC12V
場面によって使い分けする事ができます。
ただし屋外で使用する時には、バッテリの電圧とサイズで保冷・保温できる時間が変わってきます。
バッテリが大きいタイプを利用する事をオススメします。

・ 温める事ができる。
クーラーボックスと言えば冷やす為に使用されることが多いと思います。
しかし、充電式冷温庫は、冷やすのはもちろんの事ですが、温める事も可能ですよ。

▪ デメリット

・ サイズが小さい。
大きい方でも、25しか入れられません。
クーラーボックスで言えば、中くらいのサイズだと思います。

・ 重い。
本体だの重量でも8kgもします。
中身が入るともっと重たくなります。
しかし、キャスター付きになっているので舗装されている場所では、コロコロと転がして行けます。

・ 充電が切れるのが早い。
弱運転させても、最大で5時間くらいしか使用できません。
予備のバッテリがあれば安心ですね。

■ ガスタイプのクーラーボックスと比べてみました。

▪ メリット

・ 温める事ができる。
ガスタイプのクーラーボックスは冷やすことしかできません。
温める機能がありませんよ。

・ ランキングコストが安い。
バッテリで動くので電気代しかかかりません。
どのくらいの電気代がかかるか分かりませんが、数十円くらいだと思います。

▪ デメリット

・ サイズが小さい。
充電式冷温庫は25L(リットル)しかありません。
少し小さいと思います。

・ 充電が必要。
カセットガスはガスが無くなると、カセットガスを交換するだけで使用できますが、充電式冷温庫はバッテリに充電が必要です。
バッテリ切れに注意されてくださいね。

・ 高価。
カセットガスのクーラーボックスより高いです。
購入金額が高いのは、ちょっと問題かも知れませんね。

以上、メリット・デメリットでした。

充電式冷温庫はどこででも保冷・保温できる事です。

あまり大きくはありませんが、冷たいものは冷たく、温かいものは温かくする事ができますよ。

キャンプやバーベキュー等にも便利だと思いますよ。

 

充電式冷温庫の使い方

HiKOKI コードレス冷温庫 UL 18DA(XM)で説明します。

■ ふたの開閉

▪ 開ける場合

① 2ケ所のラッチを開けます。

HiKOKI コードレス冷温庫 UL 18DA(XM) ふた開 使い方①
出典元:工機ホールディングス株式会社

② ラッチをはずす
上にあげてはずします。

HiKOKI コードレス冷温庫 UL 18DA(XM) ふた開 使い方②
出典元:工機ホールディングス株式会社

③ ふたを上げる。
ふたを持ち上げて、ストッパーがかかる場所まで上げます。

HiKOKI コードレス冷温庫 UL 18DA(XM) ふた開 使い方③
出典元:工機ホールディングス株式会社

▪ 閉める場合

開ける手順の逆で閉めます。

① ふたを閉める。
ストッパーが効いているので、ふたを少し持ち上げながらストッパーのロックをはずします。

HiKOKI コードレス冷温庫 UL 18DA(XM) ふた閉 使い方①
出典元:工機ホールディングス株式会社

② ラッチを引っかける。

HiKOKI コードレス冷温庫 UL 18DA(XM) ふた閉 使い方②
出典元:工機ホールディングス株式会社

③ 固定する。
ラッチを押し込みます。

HiKOKI コードレス冷温庫 UL 18DA(XM) ふた閉 使い方③
出典元:工機ホールディングス株式会社

■ 電源コードを取付ける。

① 電源コードをさす。
AC電源もDC電源も、電源を取付ける場所は同じ所です。

HiKOKI コードレス冷温庫 UL 18DA(XM) 電源 使い方①
出典元:工機ホールディングス株式会社

② コンセントにさす。(DC電源の場合はシュガーライターソケット)

・ AC電源の場合
コンセントにコンセントプラグをさします。

HiKOKI コードレス冷温庫 UL 18DA(XM) 電源 使い方②
出典元:工機ホールディングス株式会社

・ DC電源の場合
シュガーライターソケットにシュガーライター接続プラグをさします。

HiKOKI コードレス冷温庫 UL 18DA(XM) 電源 使い方③
出典元:工機ホールディングス株式会社

以上、電源コードを取付ける手順でした。

バッテリを取付けている場合には、電源コードさした段階でバッテリに充電が開始されます。

■ 電源スイッチ

① 電源スイッチをON

HiKOKI コードレス冷温庫 UL 18DA(XM) 電源スイッチ 使い方①
出典元:工機ホールディングス株式会社

② モード切替スイッチでHOTかCOLDを選択します。

HiKOKI コードレス冷温庫 UL 18DA(XM) 電源スイッチ 使い方②
出典元:工機ホールディングス株式会社

③ 強さを選択する。
HIGH・MID・LOWの3種類があります。

HiKOKI コードレス冷温庫 UL 18DA(XM) 電源スイッチ 使い方③
出典元:工機ホールディングス株式会社

以上、電源スイッチの切替手順でした。

HOT ➡ COLD、COLD ➡ HOTに切替えた時には、電源をOFFにして1時間程度休ませてから切替えるようにしてください。

故障の原因にもなるみたいなので、守るようにしてくださいね。

モードと温度の目安です。

HiKOKI コードレス冷温庫 UL 18DA(XM) モードと温度
出典元:工機ホールディングス株式会社

参考になれば幸いです。

■ バッテリ

① 電源ON
バッテリが装着された状態で電源をONにすると運転します。
運転している方の電池ナンバーが点灯しますよ。

HiKOKI コードレス冷温庫 UL 18DA(XM) バッテリ 使い方①
出典元:工機ホールディングス株式会社

② バッテリ2個装着
運転中にバッテリを着脱させると、自動で切替わります。
先に入っている方からバッテリが使用されます。

HiKOKI コードレス冷温庫 UL 18DA(XM) バッテリ 使い方②
出典元:工機ホールディングス株式会社

■ 充電

電源コードをさした段階で、充電が開始されます。

運転時にバッテリが取り付けられた状態でも充電されますよ。

ただし、本体での充電には時間がかかります。

HiKOKIの充電式工具をお持ちの方には、冷温庫本体での充電よりも充電器での充電がオススメです。

言葉よりも伝わりやすいと思いリストにしました。

HiKOKI コードレス冷温庫 UL 18DA(XM) 充電時間
出典元:工機ホールディングス株式会社

このように極端に違っています。

急速充電器がない場合には、本体で充電するのは仕方ないと思いますが、急速充電器をお持ちの方には、急速充電器で充電した方がよいのかなって思います。

■ 充電器の収納

車で充電するシュガーライター接続プラグは、本体上部にある収納箱に収納する事ができます。

車で移動時に充電する事が可能なので、収納箱に入れるようにしてくださいね。

ただし、AC電源用のコードは収納できません。

ご自宅で保管してくださいね。

■ 注意する事

・ バッテリを充電したくない場合
AC100VでもDC12Vでも電源コードをさすとバッテリに充電されます。
もしバッテリに充電させたくない場合には、本体からバッテリをはずしてください。

・ モードの切替えた場合
HOT ➡ COLD、COLD ➡ HOTに切替えた場合には、電源をOFFにして1時間程度休ませてから切替えるようにしてください。
故障の原因にもなるみたいなので、守るようにしてくださいね。

・ じゅうたんやビニール製の上に置かない。
コゲてしまう可能性があるみたいです。
車で使用する場合には、冷温庫の下にコンパネ等の材木を敷いてください。

・ 氷や水を直接入れない。
故障の原因になるみたいです。
冷温庫に直接入れないようにしてください。
もし入れる時には、内部が漏れないような工夫が必要です。

 

私のオススメ工具

 

まとめ

今回は充電式冷温庫を紹介しました。

充電式のクーラーボックスです。

バッテリ以外のAC100V、車用のDC12Vでも冷温可能です。

とても便利な3電源方式になっています。

検討してみてはいかがでしょうか。

■ 合わせて読みたい関連記事

・ 充電式ラジオに関する記事はこちら
充電式ラジオ種類と使い方! いつでもどこでも音楽が聴ける

・ 充電式ラジオ付テレビに関する記事はこちら
充電式ラジオ付テレビの種類と使い方! いつでもどこでもテレビやラジオ

■ 長島のTwitter

フォローしてもらえると嬉しいです。
twitter.com/nama_nagashima




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です