タガネの種類と使い方! ネジや釘を叩き折る

KTC 平タガネ




こんにちは、長島です。

今回は『タガネ』を紹介します。
ネジや釘を叩き折る工具です。

工具を選ぶ時の参考にしてくださいね。

 

タガネとは

ネジや釘などを叩き折る工具です。
ネジ山が潰れたネジは抜く事ができません。
そのような時は、タガネを利用して叩きる事ができます。

KTC 平タガネ
出典元:京都機械工具株式会社

叩き折りたい部分にタガネの先端をあて、ハンマーで叩いて折ります。
ハンマーで叩く時は、自分の手を叩かないように注意して叩いてくださいね。

 

タガネの種類

■ メーカー

・ KTC(京都機械工具株式会社)
・ SK11(藤原産業株式会社)
・ TRUSCO(トラスコ中山株式会社)

他にも沢山あると思いますが、タガネを販売している代表的なメーカーを記載しています。

■ タガネの素材

・ スチール製
タガネはスチール製しかありません。

刃先部に特殊合金鋼を摩擦圧接し、耐久性を確保しています。

■ タガネのサイズ

・ 先端のサイズ
10mm~25mm
先端は広いタイプがオススメです。
折りたい部分に先端をあてて使用するので、少しでも広い方がスベリにくいです。

・ 長さ
140mm~215mm

・ 重さ
70g~600g
先端のサイズが25mmもあるタイプは600gもあります。

600gは少し重い感じがするので、先端のサイズは16mmか19mmがオススメです。

 

タガネの使い方

■ ネジが外れない場合

① タガネの先端をネジにあてる。
根元部分にタガネ先端部の中央になるようにあてます。
角度は45°~60°くらいが良いと思います。
角度がきついとネジに力が伝わりにくいです。

② ハンマーで叩く。
ハンマーは少し重いくらいのサイズが良いです。
小さいハンマーだと叩く力が必要になってきますよ。

以上、タガネの使い方でした。

使い方はとても簡単で、ハンマーで叩くだけです。

タガネを使うのは最終手段です。

ネジを叩き折ると、ネジのメス側が使用できなくなります。
ネジが外れない場合は、ネジザウルスや逆タップなどのネジを外す工具を利用して、それでも外れない場合に使用するようにしてくださいね。

■ 注意する事

タガネを利用する場合は、保護メガネを着用する事をオススメします。
タガネは金属を叩き折る為の工具なので、叩き折ったネジ等が飛散します。
飛散したネジが目に入ると大変な事になるので、保護メガネだけは着用するようにしてくださいね。

 

私のオススメ工具

 

まとめ

今回はタガネを紹介しました。

ネジや釘を叩き折る工具です。

叩き折るのは簡単ですが、叩き折る前に、叩き折って良いか悪いか検討してくださいね。

先程も紹介したネジザウルスや逆タップ等でチャレンジしてみて、どうしても外れない場合のみ使用する方がよいと思います。

 

■ 合わせて読みたい関連記事

・ ハンマーに関する記事はこちら
ハンマーの種類と使い方! 釘や杭を叩く時に便利

・ センターポンチに関する記事はこちら
センターポンチの種類と使い方! 中心がズレないようにくぼみをつける

■ Twitter

フォローしてもらえると嬉しいです。
長島のTwitter

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です