フレキシブルマグネットの種類と使い方! マグネットの先端が自由自在に動く

シンワ フレキシブルマグネット




こんにちは、長島です。

今回は『フレキシブルマグネット』を紹介します。

工具を選ぶ時の参考にしてくださいね。

 

フレキシブルマグネットとは

柄の部分がフレキシブルで、自在に曲げられる工具です。
手が届きにくい、狭い場所の取り出しや拾い出しに使用されています。

シンワ フレキシブルマグネット
出典元:シンワ株式会社

上記、写真のようにシャフト部分を自由に曲げる事ができます。

ピックアップマグネットは、シャフト部分が伸び縮みするだけで、曲げる事ができませんでしたが、フレキシブルマグネットは伸び縮みはしませんが、グニャグニャと自由に曲げられますよ。

使う場所に合わせて、使い分けすると便利です。

① 直線的で、目に見えている場所では、ピックアップマグネット
② 入り組んだ場所で、目で見えない場所では、フレキシブルマグネット

上記、2種類のタイプがあると便利だと思います。

フレキシブルマグネットの種類

■ メーカー

・ SK(新潟精器株式会社)
・ シンワ(シンワ測定株式会社)

他にも沢山あると思いますが、フレキシブルマグネットを販売している代表的なメーカーを記載しています。

■ 材質

・ グリップ
アルミ、樹脂

・ フレキシブル部分
スチール

・ マグネット
永久磁石、ネオジウム磁石

上記のように分類されています。

■ 吸着力

・ 6.8N(0.6kgf)~20N(2kgf)

■ サイズ

・ 長さ
500mm~600mm

・ 重さ
61g~227g

シンワのフレキシブルマグネットは、LEDライト付になっているので少し重いです。

■ その他の機能(付属品)

・ LEDライト
マグネット部分にLEDライトを搭載しています。
高輝度・長寿命の白色 LEDで、手元スイッチでON・OFFができるので、電池が長持ちします。
狭くて暗い場所で、使用する時に便利です。

・ 点検鏡
マグネット部分に吸着させて使用する点検鏡です。
入り組んだ場所で、使用する時に便利です。

フレキシブルマグネットのメリット・デメリット

ピックアップマグネットと比べてみました。

■ メリット

・ 曲げられる。
シャフト部分を自由に曲げる事ができます。
曲がった場所に落っこちたビス等を取る時に便利です。

■ デメリット

・ 伸び縮みしない。
フレキシブルマグネットは伸縮タイプではないので、伸び縮みしません。
ピックアップマグネットマグネット最大のメリットは、シャフト部分を自由に曲げる事だと思います。
入り組んだ場所にでも使用できるので、便利だと思います。

フレキシブルマグネットの使い方

装置を分解していてビスが落下した場合

① ビスを目視確認する。
暗い場所では、ライト等で照らしてください。

② フレキシブルマグネットを挿入する。
自由に動くので、隙間の曲がり等に合わせて、フレキシブルマグネットを曲げてください。

③ ビスが付いたら引き上げる。
引き上げる時は、ビスが当たらないようにゆっくりと引きあげます。
慎重に作業されてください。

以上、フレキシブルマグネットの使い方でした。

目視で確認できる場合は、ピックアップマグネットが便利です。
一直線に伸びるので、くっ付けやすいと思います。

もちろんフレキシブルマグネットでも取る事は可能ですよ。
点検鏡が付いているタイプでは、点検鏡越しにビスを確認する事もできます。

私のオススメ工具

まとめ

今回はフレキシブルマグネットを紹介しました。

フレキシブルマグネットは、入り組んだ場所にビス等を落下させた時、ビスを取る時に便利な工具です。

シャフト部分を自由に曲げる事ができますよ。

検討してみてはいかがでしょうか。

■ 合わせて読みたい関連記事

・ 工具用マグネットに関する記事はこちら
工具用マグネットの種類と使い方! 作業台を整理整頓

・ マグネットに関する記事はこちら
マグネットの種類と使い方! スチール製には何にでも付けられる

・ マグネットトレイに関する記事はこちら
マグネットトレイの種類と使い方! 鉄製材料の紛失防止に

・ ピックアップマグネットに関する記事はこちら
ピックアップマグネットの種類と使い方! アンテナが伸縮し、狭い隙間の金属を取る事ができる

・ ハンドマグネットに関する記事はこちら
ハンドマグネットの種類と使い方! レバー1つで鉄クズを着脱

■ 長島のTwitter

フォローしてもらえると嬉しいです。
https://twitter.com/nama_nagashima




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です