ケーブルキャッチャーの種類と使い方! 天井裏の配線に便利

MARVEL ケーブルキャッチャー




こんにちは、長島です。

今回は『ケーブルキャッチャー』を紹介します。
建築現場でも家庭でも、とても使用頻度の高い工具です。

工具を選ぶ時の参考にしてくださいね。

ケーブルキャッチャーとは

天井裏でケーブルを配線するときに使用する工具です。

釣り竿みたいに伸ばして使用します。

ケーブルキャッチャーの種類

■ メーカー

・ DENSAN(ジェフコム株式会社)
・ MARVEL(株式会社マーベル)

他にもあるかも知れませんが、私は上記メーカーしか知りません。

私の周囲は、MARVELを使用している方が多いような気がします。

■ 素材

① カーボン製
② グラスファイバー製
③ ステンレス製
③ FRP製

上記、4種類があります。

①から順番に販売されている多さの順番で記載しています。
その中でもカーボン製のケーブルキャッチャーが圧倒的に多いです。

■ 先端のLEDライト

・ あり
・ なし

ケーブルキャッチャーの先端にLEDライトが付いているタイプと、付いていないタイプの、2種類があります。

LEDライトが付いていると便利だとは思いますが、点灯させている所を見たことがありません。
最初は使用していても、球切れや電池切れすると、点灯しなくなります。

LEDライトは長く使用できないと思うので、LEDライトは不要だと考えます。

LED無しの方が安価ですので、LEDライトが付いていないタイプをオススメします。

■ 長さ・重さ・竿最大径

リストにするとこんな感じです。

長さ(m) 重さ(kg) 竿最大径(φmm)
0.9 0.035 φ13mm
20 4.8 φ73mm

0.9mが最短のケーブルキャッチャーで、20mが最長のケーブルキャッチャーです。
この間に1m単位で細かく分かれています。

重さは長さで決まってくるので、あまり気にしなくてもいいと思います。

私が使い勝手がいいと感じる長さは、4mと8mです。
極端に短いタイプや長いタイプは使いにくいと考えます。

■ 収納長さ

・ 16cm~115cm
とても幅広くあります。

この長さは、ケーブルキャッチャーが伸ばせる長さによって変わるので、どの長さがいいか言えません。

目安を表示しておきます。

ケーブルキャッチャー 目安

収納した時に長さが違うのは、ケーブルキャッチャーが何段で繋いでいるかで変わります。

▪ 例

全長7mのケーブルキャッチャーで説明します。

全長7mのケーブルキャッチャーが収納時に1mを越えているなら、6本繋ぎになっていて、収納時に43cmなら、22本繋ぎになっていることになります。

収納時の長さによって、竿の本数が決まります。

ケーブルキャッチャーのメリット・デメリット

竿の本数が多い場合と少ない場合で比べてみました。
記載しているのは、竿の本数が多い場合のメリット・デメリットです。

竿の本数が少ない場合のメリット・デメリットは記載している事の逆だと思ってください。

■ メリット

・ 本体の長さが短くなる。
天井裏で取り廻すのが楽です。

■ デメリット

・ 重くなる。
竿の本数が多くなるので、少しですが重くなります。

・ 竿の径が太くなる。
竿の本数が多くなるので、竿の径も太くなります。

ケーブルキャッチャーの使い方

■ 配線する場合

点検口(A)から点検口(B)への配線する場合を記載しています。

① 点検口(A・B)を開ける。
マイナスドライバーで開けます。
脚立は上半身が入る高さが使いやすいです。

② 点検口(B)の目標を確認する。
暗くて見えない場合は、ワークライトを点灯させてあげると、見やすくなります。

③ 点検口(A)から、ケーブルキャッチャーを伸ばす。
先端の方から伸ばし、継ぎ目部分では、少し引っ張って戻らないようにします。引っ張るのが弱いと、ケーブルキャッチャーを伸ばした時に、伸びなくなります。
先端は少し上へ向けた状態で伸ばすと、伸ばしやすいです。

④ 点検口(B)でケーブルキャッチャーを受け取る。

⑤ ケーブルキャッチャーに電線を付ける。

⑥ ゆっくり配線する。

⑦ 電線を切断し処置をする。
結線が必要だと結線し、コンセントを付けるだけならコンセントを付けます。

⑧ 点検口(A・B)の蓋を閉める。

以上、ケーブルキャッチャーを使用して配線する方法でした。

■ ケーブルキャッチャーがない場合の代用品(その他 ①)

塩ビパイプを利用する事も可能です

塩ビパイプの長さは4mあります。
カップリングで繋ぐと8m、もう1つ繋ぐと12mと伸ばす事ができます。

しかし、伸ばすのも限度があるので、繋いでも3本くらいだと思います。

塩ビパイプを代用する場合は、サイズは22くらいが使いやすいです。
16だと細すぎる、28だと太すぎると思いますので、22がベストだと思いますよ。

ケーブルキャッチャーがない場合は、代用してみてくださいね。

■ ケーブルキャッチャーがない場合の代用品(その他 ②)

釣り竿を加工して利用する事も可能です。

個人でやっている電工さんとかは、いらなくなった釣竿を改良してケーブルキャッチャーの代わりに使用しているのを見かけます。

釣り竿のガイドを外し、先端に金具を取付け、電線を引っ掛けられるようにしていますね。

ケーブルキャッチャーは電線を引っ張るだけなので、精度は必要ないですし、強度さえあれば問題ないと思います。
お手製のケーブルキャッチャーだと愛着が出て、大事に使用されるかも知れませんね。

私のオススメ工具

■ 8m

■ 4m

■ 短い

まとめ

今回はケーブルキャッチャーを紹介しました。

伸ばした長さ 縮めた長さ
1m 16.5~19.5m
20m 115m

長さは・・・
短いタイプの伸長時1mで、収納時が約200mm
長いタイプの伸長時20mで、収納時が約1150mm

私が使い勝手がいいと感じる長さは、4mと8mです。

極端に短いタイプや長いタイプは使いにくいと考えます。

4mと8mで悩まれている方は、迷わず8mを選んでください。
8mの方が使用頻度は高いと思います。

便利だと思うサイズがあります。
DENSANポケットフィッシャーシリーズです。
材質がステンレスで強度があります。

伸長時が3.0mしか伸びませんが、収納時が360mmしかありません。

ちょっと配線したい場合や、電線を引っ掛けた場合には、重宝すると思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です