天井用通線工具の種類と使い方! 天井裏の障害物を難なく乗り越える

ネグロス 天井用通線工具 RHS15




こんにちは、長島です。

今回は『天井用通線工具』を紹介します。
天井内配線や床下配線する時に便利な工具です。

工具を選ぶ時の参考にしてくださいね。

天井用通線工具とは

天井裏や床下に、電線を配線する時に使用する工具です。
天井が仕上がった場所や、OAフロアー等の床下で威力を発揮します。

店舗の改修工事をする場合では、既存の天井を流用する事があります。
石膏ボードが貼っている場所では、配線工具の威力はバツグンです。

軽天下地が見えている状態では使用できません。

天井用通線工具の種類

■ メーカー

・ DENSAN(ジェフコム株式会社)
・ NEGUROSU(ネグロス電工株式会社)

他にも沢山あると思いますが、天井用通線工具を販売している代表的なメーカーを記載しています。

■ 材質

・ スチール製
・ グラスファイバー製
・ FRP製

上記、3種類があります。
私はスチール製しか使った事がありませんが、スチール製が良いと思います。

リード線を出して作業していると、リード線を踏んでしまいます。
NEGUROSU 天井用通線工具 RHT15を使った時は、リード線を踏んでも折れる事もなく、問題ありませんでした。

■ タイプ

・ 天井用
天井の配線に使用します。

・ 床下用
OAフロアーなど床下の配線に使用します。

上記、2種類があります。
どちらか1つを検討するなら、天井用がオススメです。
天井用は床下用に代用できると思いますが、床下用は天井用に代用できないと思います。

■ ヘッドの種類

・ コブラヘッド大
・ コブラヘッド小
・ ワイヤー
・ スプリングコイル
・ 横穴先端金具
・ リング

上記、6種類があります。

コブラヘッド大だけが天井用で、他の5種類は床下用です。
先端は少し大きい方が、障害物を越えやすいと思います。
コブラヘッド大は、Mバーはもちろんの事、Cチャンだって越えて行けますよ。

▪ コブラヘッド大と小のサイズです。

種類 長さ(mm) 幅(mm) 高さ(mm)
コブラヘッド大 167 40 100
コブラヘッド小 102 30 25

コブラヘッド大の高さが、小に比べて極端に高いです。

この高さがあるおかげで、Cチャンも難なく越えてくれます。

■ リード線のサイズ

・ 幅
3.2mm~15mm

・ 厚み
0.8mm~4mm

幅も厚みも太い方が強いと思います。
天井用通線工具はコシが必要だと思うので、強いタイプがオススメです。

■ 長さ

・ 7m~50m
短いタイプは7mしかなく、長いタイプは50mもあります。
7mしかないのは短過ぎだし、50mもあるのは長過ぎると思います。
私は、中間の15m~30mくらいの長さが良いと考えます。

天井用通線工具のメリット・デメリット

ケーブルキャッチャーを使用した時と比べてみました。

■ メリット

・ 長い
ケーブルキャッチャーは長くても20mしかありません。
それに対して天井用通線工具は長いもので、25mもあります。
床下用だと50mもある通線工具もあります。

・ 障害物を乗り越えながら進む。
天井裏には、MバーやCチャンが沢山入っていますが、天井用通線工具は難なく乗り越えていきますよ。
ケーブルキャッチャーは遠くなればなるほど、扱いづらくなります。

■ デメリット

・ 収納するのに時間がかかる。
私はNEGUROSU 天井用通線工具 RHT15しか使用した事がありませんが、樹脂ケースに収める時にすごく時間がかかりました。
ケースに収納するのは、配線作業が全て終わってから収納させた方がよいと思います。

しかし、先月の2019年3月に新しくなったみたいですね。
デメリットに書いている、『収納するのに時間がかかる』事も解消される事を期待しています。

天井用通線工具の使い方

■ 点検口からダウンランの開口に配線を追加する場合

天井配線に使用する脚立は、点検口から上半身が入る高さがあると便利です。
配線作業は通常2人で作業します。

1人でも可能ですが、作業時間が数倍かかるのでオススメできません。

① 点検口を開ける。
点検口はマイナスドライバーで開けられます。
点検口の蓋は外せるので、外した方が安全です。

② リード線を樹脂ケースから出す。
配線したい長さより、少し長めに出します。
長さが分からない場合は、床でリード線を伸ばし長さを確認します。

③ 点検口からダウンライトの開口に向かいリード線を伸ばす。
スチール製のリード線は固いので、ヨレないように伸ばしてください。

④ 開口(目的地)に届いたら、手を伸ばしヘッドを取る。

⑤ ヘッドに電線や予備線を付ける。

⑥ ゆっくり引っ張り、配線する。
必要な長さを取り、電線を切断する。

⑦ 点検口を閉める。

以上、配線工具を利用して配線する方法でした。

天井用通線工具の扱いに慣れていない方でも、すぐに慣れると思います。
天井用通線工具に慣れた方が扱うと、ダウンライトの開口からヘッドを出せるまでになるみたいです。

■ 樹脂ケースにリード線を収納する方法

NEGUROSU 天井用通線工具 RHT15の場合

私はNEGUROSU 天井用通線工具 RHT15しか使用した事がありません。
この配線工具を使用した時に、ロッドをホルダーに収納するのに苦戦したので、紹介したいと思います。

① 樹脂ケースにリード線を回転させ、リード線が入らなくなるまで中に入れる。

② リード線を引っ張り、たるみをとる。
樹脂ケースに収めるとどうしてもたるんでしまいます。
リード線がたるむと樹脂ケースに収められなくなるので、リード線を引っ張るとたるみが取れます。

③ 樹脂ケースにリード線回転させリード線が入らなくなるまで中に入れる。

④ リード線を引っ張り、たるみをとる。

以上、樹脂ケースにリード線を収納する方法でした。

樹脂ケースに収めるのはとても面倒ですが、配線作業はスピーディーにできます。

私のオススメ工具

■ 床下用

■ 天井用

先月2019年3月にRHT15は、RHS15へ新しくなっています。
カエレバでは載っていないので、古いタイプを紹介しています。

ネグロス 天井用通線工具

NEGUROSU 天井用通線工具 RHS15は床下でも天井でも使用できます。

まとめ

今回は天井用通線工具を紹介しました。

沢山の障害物がある場所でも、難なく乗り越えていきます。
慣れた方が扱うと、小さな開口からヘッドを出せるまでになるみたいです。

もちろんフリーアクセス等の床下でも使用可能です。

天井裏の配線にはオススメな工具です。
検討されてはいかがでしょうか。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です