タップ&ドリルの種類と使い方! ドリルとタップの一体型

DENSAN タップ&ドリル




こんにちは、長島です。

今回は『タップ&ドリル』を紹介します。
ドリルで下穴 を開けながら、 タップ をたてる事ができる工具です。

工具を選ぶ時の参考にしてくださいね。

 

タップ&ドリルとは

下穴を開ける鉄板キリとネジ穴を作るタップの一体型の工具です。
充電式ドライバドリルに取付けて使用します。

DENSAN タップ&ドリル
出典元:ジェフコム株式会社

 

タップ&ドリルの種類

■ メーカー

・ DENSAN(ジェフコム株式会社)
・ LAGUNA(有限会社ラグナ)
・ TRUSCO(トラスコ中山株式会社)

他にもあると思いますが、タップ&ドリルを販売している代表的なメーカーを記載しています。

■ タップ&ドリルのサイズと長さ

・ M3ー51mm
・ M4ー55mm
・ M5ー57mm
・ M6ー60mm
・ M8ー60mm
・ M10ー76mm

上記6種類があります。

■ 根元の種類

・ ビットタイプ
インパクトドライバに装着できるタイプです。
ビットホルダーに装着させることもできますよ。

DENSAN タップ&ドリル ビットタイプ
出典元:ジェフコム株式会社

・ ノンビットタイプ
変換アダプタかドライバドリルに装着して使用するタイプです。
ビットホルダーに装着させることはできません。

DENSAN タップ&ドリル ノンビットタイプ
出典元:ジェフコム株式会社

 

タップ&ドリルのメリット・デメリット

一般的なタップと比べてみました。

■ メリット

・ 作業が早い。
下穴を開けながらネジ穴も作っていくので、作業が早いです。
スピーディーに作業されたい方にはオススメです。

・ インパクトドライバにも対応している。
DENSANのタップ&ドリルは、インパクトドライバ対応と表示されています。
しかしインパクトドライバは叩きながら回転する工具なので、鉄キリにもタップにも合っていないと感じます。
私的には、充電式ドライバドリルに装着した方が良いと感じています。

■ デメリット

・ 折れやすい。
タップ&ドリルでも、タップでも同じなのですが、どちらとも折れやすいです。
とても硬い素材でできているので、少しでも斜めにタップが入ってしまうと折れる可能性があります。

・ 高価。
タップ&ドリルは高いです。
一本あたり4000円もしてしまいます。
使用される時は、注意して使用されてくださいね。

 

タップ&ドリルの使い方

鉄板にネジ穴を作る場合

① 開けたい場所に印を付ける。

② 充電式ドライバドリルにタップ&ドリルを取付ける。
インパクトドライバに取付ける場合は、ビットタイプになっているタイプしか取付ける事ができません。

③ 穴を開ける。
正回転で穴を開けます。

④ タップをたてる。
タップ&ドリルのタップ部分まで穴が到着したら、正回転、逆回転を繰り返しながら、少しずつゆっくりと奥までタップをたてます。

⑤ タップを抜く。
逆回転でタップ&ドリルを抜きます。

⑥ 潤滑油を塗布する。
錆防止のために潤滑油を塗布しておきます。

以上、タップ&ドリルの使い方でした。

タップ&ドリルは充電式工具で使用される工具です。
タップハンドルでは使用する事ができないので、必ず充電式工具をお使いください。

 

私のオススメ工具

 

まとめ

今回はタップ&ドリルを紹介しました。

タップ&ドリルは、下穴を開ける鉄板キリとネジ穴を作るタップの一体型の工具です。
タップとは違い、充電式ドライバドリルに取付けて使用します。

私のオススメ工具に記載しているのは、ビットタイプになっています。

充電式工具を使うなら、ドライバドリルが良いと言っていますが、タップ&ドリルがビットタイプになっているのはおかしいと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ドライバドリルに装着するならビットタイプになっていなくても良いのですが、タップ&ドリルを持ち歩く時に、ビットホルダーに装着して持ち歩く方もいると思うからです。

ビットタイプになっていれば、使用したいビットをビットホルダーに装着して、いつでもどこでも使用できますよね。

最近の職人さん達は、様々なビットをビットホルダー装着されています。

ビットホルダーはとても便利な工具ですよ。

 

■ 合わせて読みたい関連記事

・ ビットホルダーに関する記事はこちら
ビットホルダーの種類と使い方! ビットを腰道具にぶら下げて持ち歩く

・ 充電式ドライバドリルに関する記事はこちら
充電式ドライバドリルの種類と使い方! ネジ締めや穴を開けるのに最適

・ タップに関する記事はこちら
タップの種類と使い方! ネジ穴を整える

■ 長島のTwitter

フォローしてもらえると嬉しいです。
https://twitter.com/nama_nagashima




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です