ケーブルリールの種類と使い方! VVFケーブルをヨレずに引き出せる

DENSAN ケーブルリール VF-5500HV 横置き




こんにちは、長島です。

今回は『ケーブルリール』を紹介します。
配線作業の時に、VVFケーブルを伸ばさず配線できる便利な工具です。

工具を選ぶ時の参考にしてくださいね。

 

ケーブルリールとは

VVFケーブルを配線する時に使用する工具です。

主にVVFケーブルを収納させて使用しますが、IV電線も収納させる事も可能です。

VVFケーブルをケーブルリールに入れ、ケーブルを引っ張ると、クルクルと回転してケーブルが出てきます。

ケーブルがヨレずに配線出来るので重宝しますよ。

ケーブルリールを使わない時は、ケーブルの束から必要な電線を一旦取り出し、ヨレないように伸ばしてから配線します。

ケーブルリールを利用する事で、ケーブルを取り出してヨレを取る事をしなくても配線できるので、作業効率がアップします。

 

ケーブルリールの種類

■ メーカー

・ DENSAN(ジェフコム株式会社)
・ PRO MATE(ミノル工業株式会社)

他にも沢山あると思いますが、ケーブルリールを販売している代表的なメーカーを記載しています。

PRO MATEは、株式会社マーベルと同じグループ会社です。

MARVELのカタログにはMARVELはもちろんの事、PRO MATE・JOB Master 3社の商品が記載されています。

■ ケーブルリールのタイプ

・ 縦型
・ 横型
・ 縦横兼用型

上記、3種類があります。

私が使った感じだと、横型の方が使いやすかったです。

・ 横に置いた状態

DENSAN ケーブルリール VF-5500HV 横置き

・ 縦に置いた状態

DENSAN ケーブルリール VF-5500HV 縦置き

兼用型は状況に合わせて横でも縦でも使用できます。

兼用型が便利ですよ。

■ 収納電線サイズ

・ 0.75㎟~1.25㎟
0.75㎟や1.25㎟の細い電線は、300m巻きを収納できます。
このサイズを収納できるケーブルリールは、VVFケーブルを収納するタイプではありません。
購入する時は、収納できるサイズを確認してくださいね。

・ VVF1.6mm-2C~VVF2.6mm-3C
ケーブルリールは主に、VVFケーブルを収納させて使用します。

VVFケーブルの種類は・・・
・ VVF1.6mm×2C
・ VVF1.6mm×3C
・ VVF2.0mm×2C
・ VVF2.0mm×3C
・ VVF2.6mm×2C
・ VVF2.6mm×3C

上記、6種類があります。

使用頻度が高いのは、2.0mmまでですが、たまに2.6mmのVVFケーブルを使用する事もあります。

購入を検討される時は2.6mm-3Cまでが入るタイプをオススメします。

■ 電線の繰り出し

・ 内側用
・ 外側用
・ 内外兼用

一般的なケーブルリールは、外側用です。

外側用は外側から電線を引き出すので、電線を包装しているシュリンク包装を破って使用します。

内側用を使用する時は、ケーブルを包装しているシュリンク包装を外す必要がありません。

■ サイズ

・ 縦
225mm~500mm

・ 横
430mm~573mm

・ 高さ
85mm~690mm

・ 重さ
0.45kg~14.5kg

小さいサイズは、0.75㎟を収納するタイプになっています。
大きなサイズは、VVFケーブルを3つもセットできるタイプです。
3つもセットできるタイプは便利だと思いますが、使用頻度としては少ないです。

使用頻度が高いのは、ケーブルを1つだけ収納できるタイプだと思います。

■ その他

・ ブレーキ付
ケーブルを引き出し終わりにブレーキがかかる機能です。
ケーブルリールを勢いよく回転させるとケーブルリールがクルクルと回転し、不要なケーブルも外に出てしまいます。
不要なケーブルが出ないように、負荷が無くなるとブレーキがかかる仕組みになっています。
便利な機能だと思いますので、ブレーキ付はオススメです。

・ 積み重ね可
ケーブルリールを積み重ねられるタイプもあります。
作業スペースがない場合は、積み重ねて使用する事ができます。
テーブルタイプのケーブルリールには積み重ねはできませんが、ケーブルを収納させて使用するタイプは積み重ねできますよ。

・ 回転補助台
ケーブルリールのオプションに回転補助台というものもあります。
横型タイプで床に置いて使用するタイプだと、ケーブルを引っ張る方向に回転させる必要があります。
回転補助台を使用する事で、繰り出し方向を自由に変える事ができるので便利です。

・ ケーブルカウンター
ケーブルを引き出した長さを測定する装置です。
DENSANから販売されています。

ケーブルカウンターは、マルチケーブルリールとブレーキ付 Fリールの2種類しか取付ける事ができません。
ケーブルカウンターを使用してみたい方は、上記2種類のケーブルリールを検討してくださいね。

ケーブルカウンターの便利な所は、ケーブルの残メーターが分かる所です。
配線していて、長さが届くか微妙な場合ってありますよね。
その時に、このケーブルカウンターがあれば、残メーターが分かるので、配線したい場所まで届くか配線する前に検討できると思います。

興味のある方は検討してみてくださいね。

 

ケーブルリールのメリット・デメリット

ケーブルリールを使わなかった場合と比べてみました。

■ メリット

・ ケーブルがヨレにくい。
外側からクルクルと回転しながら出てくるので、ケーブルがヨレにくいです。

・ 作業が早い。
ケーブルをそのまま配線できるので、作業効率が上がります。
ケーブルリールに収納させる時は時間がかかりますが、ケーブルリールを使わなかった場合は、手で伸ばす必要があります。
そのことを考えると、ケーブルリールに入れて配線する方が効率がいいと思います。

■ デメリット

・ 重い。
約5kgあります。

少し重いですが、ケーブルリールを軽くすると、ケーブルを繰り出す時にケーブルリールが動いてしまします。

ケーブルリールは配線する場所から、少し離れた方が良いので、使いやすいので、多少の重さは必要だと感じています。

 

ケーブルリールの使い方

使い方はとても簡単で、ケーブルをケーブルリールに入れて繰り出すだけです。
電線がヨレずに引きだせるので便利ですよ。
ケーブルをケーブルリールにセットする時が一番気を使う所なので、説明したいと思います。

■ ケーブルをケーブルリールに収納する手順

外側引き出しの場合

① 本体の蓋を外します。

② シュリンク包装(外装ビニル)をはがします。
ケーブルを収納させるまでは、ケーブル固定紐を切らないでください。

③ ケーブルをケーブルリールに収納する。
ケーブル固定紐が付いたまま収納させます。
紐を切ると、ケーブルが解けてしまいますので、切らないようにしてくださいね。

④ ケーブル固定紐を切る。
ケーブルリールに収納後、切るようにしてください。

⑤ 本体の蓋を閉めます。

以上、ケーブルを収納する手順でした。

先ほども言いましたが、ケーブルを本体に入れるまでは、ケーブル固定紐を切らないで下さいね。
先に切ってしまうと、ケーブルリールに入れる時に、ケーブルの形状が変形してしまい、あとでケーブルが引き出しにくくなります。

内側引き出しの場合はシュリンク包装を剥がす必要はありません。
ケーブル固定紐だけ切って、ケーブルリールに収納して使用します。

 

私のオススメ工具

■ 本体

■ オプション

 

まとめ

今回はケーブルリールを紹介しました。

ケーブルリールは配線作業時に使用する工具です。

ケーブルをケーブルリールに収納させる事で、ケーブルを伸ばす事もしないで、そのまま引き出すだけで使用できます。

ケーブルがヨレにくいので、綺麗に配線できると思います。

配線作業をする時は、1日で数百メートルも配線します。

とても便利な工具なので、興味のある方は、検討してみてはいかがでしょうか。

 

■ 合わせて読みたい関連記事

・ VAストリッパーに関する記事はこちら
VAストリッパーの種類と使い方! VA線やエコ電線の被覆を剥く時に最適

・ 通線工具に関する記事はこちら
通線工具の種類と使い方! 配管に電線を入線

■ Twitter

フォローしてもらえると嬉しいです。
長島のTwitter

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

25年間、電気工事士として沢山の種類の工具を使ってきました。 今まで使ってきて、便利だと思う工具を紹介しています。 工具を選ぶ時の参考にしてくださいね。