検相器の種類と使い方! 動力電源の回転方向を確認

HIOKI PD3129-10




こんにちは、長島です。

今回は『検相器(相回転計)』を紹介します。

動力電源の回転方向を確認できる測定工具です。

検相器(相回転計)を選ぶ時の参考にしてくださいね。

 

検相器とは

三相三線式の動力電源で、回転方向を測定する工具です。

三相三線式の動力電源が正相電源になっているのか、逆相電源になっているのか調べられます。

出典元:amazon

モーターを回転させる電源は、一般的には三相三線式の正相電源が必要です。

モーターに逆相で接続してしまうと、モーターが逆回転するので注意が必要です。

モーターに動力電源を接続したら、必ず検相器で回転方向を確かめてください。

検相器で確認後、モーターを動作させ目視にて、再度確認が必要です。

何度も確認が必要ですが、大事な事なので面倒がらずに行ってくださいね。

 

検相器の種類

■ メーカー

・ CUSTUM(株式会社カスタム)
・ ELPA(朝日電器株式会社)
・ ESCO(株式会社エスコ)
・ FLUKE(株式会社TFF フルーク社)
・ HASEGAWA(長谷川電機工業株式会社)
・ HIOKI(日置電機製作所)
・ JAPPY(因幡電電機産業株式会社)
・ KYORITSU(共立計器電機製作所)
・ SANWA(三和計器電機製作所)
・ TASCO(株式会社イチネンTASCO)
・ マルチ(マルチ計測器株式会社)

上記のように沢山の種類があります。

私の周囲では、HIOKIを使用している人が圧倒的に多いです。

個人的には持っていませんが、とても必要な工具ですよ。

■ 検電器の種類

・ 接触式
ブレーカー等の端子部分や端子を止めているビスの部分に、直接接続して測定します。

・ 非接触式
電線の被覆の上からクランプしても使用できます。
接触式のように、直接接続しても構いません。

接触式か非接触式の、2種類しかありません。

今は非接触式が主流になっています。

日置電機 HIOKI 検相器 PD3129-10
HIOKI PD3129-10


出典元:日置電機株式会社

モーターを駆動させるには、主にAC200VやAC400Vが必要です。

検相器は、AC200VとAC400Vを測定できるタイプのものがいいですよ。

 

検相器 非接触式のメリット・デメリット

接触式と比べてみました

■ メリット

・ 電線にクランプできるので、取り付けが簡単。
電線のどの部分でもクランプしていいので、簡単に取付けできます。

・ 電線の被覆の上にクランプできるので安全。
接触式は端子部分か取付ビスにクランプする必要がありましたが、非接触タイプは電線の被覆部分にクランプするので安全です。
感電するリスクも少なくなっています。

■ デメリット

・ 接触式の検相器より高価。
検相器の非接触式は接触式に比べて少しだけですが高価です。
しかし、電線被覆の上にクランプするだけで測定できるので、とても安全です。
これから購入を検討している人には非接触式をオススメします。

 

検相器の使い方

 ブレーカー二次側で測定する場合

① 検相器を盤扉裏に貼り付ける。
最近の検相器は本体裏に磁石が付属しているので、金属に固定できます。

② 電線に検相器のリードをクランプする。
ブレーカーは通常、左からR・S・Tになっています。
R-赤 ・ S-白 ・ T-黒 の順番にクランプする。

③ 検相器本体をONする。
中央にON/OFFボタンがあります。

④ 回転方向を確認します。(正回転が基本です。)
赤い丸が点滅するので、回転方向を調べます。
時計回りと同じ回転方向が、正回転です。
半時計回りと同じの回転方向が、逆回転です。

⑤ クランプを外します。

⑥ 検相器本体の電源をOFFにします。

以上、検相器の使い方でした。

非接触式では電源部に触れる事がないのでとても安全ですが、分電盤の中は電線がイロイロな場所を配線しています。

とても危険ですので、盤を開けて作業する時は、十分に注意してくださいね。

■ 電源投入時の注意点

① モーターに電源を投入する場合。
モーター直結だとどうしようもありませんが、Vベルトがある場合はVベルトは、外した状態で試験しましょう。
モーターが逆回転だと、Vベルトで接続している装置が逆回転してしまいます。
問題がなければ良いですが、不具合が発生する可能性がある場合は、Vベルトは外しましょう。

② 電源投入の際は必ず二人以上での作業をしましょう。
電源の投入時はブレーカー側、機器側の最低でも二人が必要です。
機器側の準備ができていないのに電源を投入するのは危険です。

必ず機器側主導で、電源の投入をしてください。

 

私のオススメ工具

 

まとめ

今回は検相器(相回転計)を紹介しました。

モーターなど、回転する機器に電源を接続した場合は、回転方向を確認する必要があります。

動力電源で回転方向を測定できるのは検相器だけなので、必ず実施するようにしてくださいね。

通常はR・S・Tで正回転です。

ですが、R・S・Tに接続しても、逆回転する物も存在します。

勉強不足で、理屈までは説明できませんが、逆回転は存在するので色だけで判断しないで下さいね。

最終的に接続する機器で正回転・逆回転を確かめてくださいね。

私が知る限り、機器は正回転で動作するように作られています。

先行で配線して、機器がない場合は、検相器で正回転になっていれば間違いないと思います。

動力電源で回転を測定できるのは、検相器だけです。

電気工事をさている方にはオススメの工具ですよ。

検討してみてはいかがでしょうか。

 

■ 合わせて読みたい関連記事

・ カードテスターに関する記事はこちら
カードテスターの種類と使い方! 電圧測定、導通試験に便利

・ 検電器に関する記事はこちら
検電器の種類と使い方! 外装被覆の上から検電

■ 長島のTwitter

フォローしてもらえると嬉しいです。
https://twitter.com/nama_nagashima




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

25年間、電気工事士として沢山の種類の工具を使ってきました。 今まで使ってきて、便利だと思う工具を紹介しています。 工具を選ぶ時の参考にしてくださいね。