ハシゴトップカバーの種類と使い方! 建物の壁傷の防止や滑り止めに

DENSAN ハシゴトップカバー KTC-2




こんにちは、長島です。

今回は『ハシゴトップカバー』を紹介します。

はしごを壁に立てかける時の養生材として使用する工具です。

工具を選ぶ時の参考にしてくださいね。

ハシゴトップカバーとは

壁がキズ付かないようにする養生材です。

はしごの先端にハシゴトップカバー取付ける事で、壁がキズ付きにくくなります。

DENSAN ハシゴトップカバー KTC-2
出典元:ジェフコム株式会社

はしごを使用する時は、必ず壁に立てかけて使用します。

新築の建物の場合、はしごを立てかけた時に、壁がキズ付いてしまっては大変ですよね。

その時に便利なのがハシゴトップカバーです。

壁がキズ付かないようにすると共に、滑り止め防止にもなるので、とても便利です。

ハシゴトップカバーがない場合は、ウエスやタオル等で養生してくださいね。

ハシゴトップカバーの種類

■ メーカー

・ DENSAN(ジェフコム株式会社)
・ MARVEL(株式会社マーベル)

他にもあると思いますが、ハシゴトップカバーを販売している代表的なメーカーを記載しています。

■ 素材

・ ポリエステルキャンバス
・ ウレタンゴム

ハシゴトップカバーの材質です。
メーカーによって素材が変わります。

■ 止め方

・ ゴム
・ 被せるだけ

DENSANのハシゴトップカバーは、ゴムが付いているので、抜けにくくなっています。

■ 洗濯

・ 洗濯可能

素材がポリウレタンキャンバスやウレタンゴムになっているので、洗濯できますよ。
汚れた場合にも洗う事ができるので安心ですね。

ハシゴトップカバーのメリット・デメリット

■ メリット

・ 壁がキズ付きにくい。
クションになっているので、壁にキズが付きにくいです。

・ 着脱が簡単
ソックスみたいに被せるだけなので、着脱が簡単です。

■ デメリット

・ 紛失する可能性がある。
車で移動中に付けたままキャリアに乗せると、落ちてしまう可能性があります。
車に積む際に、外すようにしてくださいね。

ハシゴトップカバーの使い方

使い方は簡単で、はしごに被せるだけです。

下の写真のように被せてから、はしごを伸ばして壁に倒します。

仕上がった壁にはしごを立てかけると、壁がキズ付いてしまう可能性があるので、心配な場合にはハシゴトップカバーがあると安心ですよ。

DENSAN ハシゴトップカバー KTC-2 使い方
出典元:ジェフコム株式会社
DENSAN ハシゴトップカバー KTC-2 使い方2
出典元:ジェフコム株式会社

DENSANのカタログを参考にさせて頂きました。

私のオススメ工具

まとめ

今回はハシゴトップカバーを紹介しました。

建物の壁傷の防止や滑り止めになる養生材です。

白い壁にはしごを立てかける時って汚れないか心配ですよね。

その時には、ハシゴトップカバーを取付けておくと、壁傷の防止や滑り止めにもなるので安心ですよ。

検討してみてはいかがでしょうか。

■ 合わせて読みたい関連記事

・ はしごに関する記事はこちら
はしごの種類と使い方! 壁に立てかけて高い場所での作業ができる

■ 長島のTwitter

フォローしてもらえると嬉しいです。
https://twitter.com/nama_nagashima




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

25年間、電気工事士として沢山の種類の工具を使ってきました。 今まで使ってきて、便利だと思う工具を紹介しています。 工具を選ぶ時の参考にしてくださいね。