Mバーカッターの種類と使い方! ボードの端部で綺麗に切断

MARVEL Mバーカッター MCM-500




こんにちは、長島です。

今回は『Mバーカッター』を紹介します。
建築資材のMバーを、一発で切断できる工具です。
切断面が綺麗で、ゴミも出にくい便利な工具です。

工具を選ぶ時の参考にしてくださいね。


Mバーカッターとは

建築資材のMバーを切断する工具です。

私は電気工事士なので、埋め込みタイプの照明器具を取付ける時に、Mバーを切断しています。

Mバーカッターがなかった時は、ディスクグラインダか軽天ハサミで切断していました。
ディスクグラインダでは火花や切粉が出ていましたが、Mバーカッターは火花や切粉がでません。

そもそも、Mバーってなに?って感じだと思います。
建築で仕事をされている方はご存知だと思いますが、知らない方の為に、簡単ですが教えたいと思います。

■ Mバーとは

簡単に言うと、天井の下地材です。

シングルバーとダブルバーの2種類があります。

▪ サイズ

・ シングルバー 19mm×25mm・ ダブルバー 19mm×50mm

Mバーカッター サイズ

テナントやビルなどの多くの建物は、コンクリートで覆われています。

コンクリートをそのまま見せている建物もありますが、多くの建物は軽天と呼ばれる資材に、石膏ボードビス止めし、その上からクロスを貼って仕上げたものや、化粧を施した石膏ボードを貼り仕上げたものがあります。

一般的には、石膏ボードにクロスで仕上げたタイプが多いと思います。

■ 天井ができるまでの順番

① アンカーにボルトを取付ける。

② ボルトにCチャンを取付ける。

③ CチャンにMバーを取付ける。

④ 天井の高さを合わせる。

⑤ Mバーに石膏ボードを貼る。

⑥ クロスを貼る。もしくは仕上げ用のボードを貼る。

上記の手順で天井ができています。

私は電気工事をしているので、埋込型の照明器具やコンセント用のボックスなどを取付ける場合、Mバーを切ったり、切った部分を補強する時に使用しています。

石膏ボードが貼られる前では、ディスクグラインダでも切断できますが、石膏ボードが貼られた後ではグラインダーは使用できません。

Mバーカッターは石膏ボードの端面ギリギリでMバーを切断できるので、とても重宝していますよ。

Cチャンカッターとは違い、軽天屋さんが使用しているのを見たことがありません。Mバーカッターは、電気工事か空調設備をされている方しか、使用していないと思います。


Mバーカッターの種類

■ メーカー

・ DENSAN(ジェフコム株式会社)
・ FUJIYA(フジ矢株式会社)
・ MARVEL(株式会社マーベル)

他にもあると思いますが、Mバーカッターを販売している代表的なメーカーを記載しています。

MARVELを使用している方が多いです。

■ 長さと重さ

種類が少なかったのでリストを出してみました。

Mバーカッター 長さと重さ

各メーカーとも差はさなそうです。

DENSAN が少し長いですね。
長い方が非力な方でも、使用しやすいと思います。

■ 種類

・ Mバー用(シングルバー、ダブルバー)
Mバーを横に切断するタイプです。
天井下地が見えている状態でも、ボード開口した時にMバーがあたった状態でも使用できます。

MARVEL Mバーカッター MCM-500

・ ダウンライト用(φ50~φ100用、φ125~φ150用)
天井の石膏ボードを丸く開口した時に、シングルバーやダブルバーが開口にあたった場合に使用します。
ダウンライト用はMARVELしかないと思います。

下記、2種類があります。

MARVEL ダウンライトカッター MDC-50
MARVEL ダウンライトカッター MDC-125

丸い穴には、Mバー用は使用できないので、ダウンライト用で切断します。
ダウンライト用のMバーカッターは、Mバーを細かく削る事が出来るので便利です。

使用頻度が高いのは、Mバー用だと思うので、最初に購入を検討する場合はMバー用がいいと思います。

ダウンライト用は必要に応じて検討しても良いと思いますよ。


Mバーカッターのメリット・デメリット

軽天はさみを使用した時と、比べてみました。

■ メリット

・ 作業が早い。
Mバーを一発で切断できるので、作業が早いです。

・ 切断面が綺麗
一発で切断できるので、綺麗に切断できます。
ゴミも出にくいです。

■ デメリット

・ 重い。
1.5kgくらいあるので、少し重いです。

・ 持ち歩けない。軽天はさみは小さいので、腰袋に入れて持ち歩けますが、、Mバーカッターは少し大きいので、持ち歩く事はできません。


Mバーカッターの使い方

■ Mバー用

天井下地が見えている状態で使用します。

① 切断したい場所に印を付ける。

② MバーカッターをMバーの溝に入れる。
Mバーはシングルバーとダブルバーがあるので、切断するバーがどちらのタイプなのか確認して、Mバーのタイプに合わせてください。

③ 切断する。

たったこれだけです。誰が使用しても、簡単綺麗に切断できますよ。

■ ダウンライト用

石膏ボードをダウンライトの照明器具用で開口し、Mバーが開口にあたった場合に使用します。

① 開口した穴の隙間に、ダウンライト用のMバーカッターを入れます。
隙間に入らない場合は、ダウンライト用の先端よりも大きいサイズのホルソーで、穴を開けてください。

② ハンドルを動かして、Mバーを削ります。
一発ではMバーを削る事は出来ないので、数回に分けて、開口にあたる部分を削り取ります。

▪ 注意する事

ハンドルの固定部を動かすと、石膏ボードが割れてしまう可能性があります。

ハンドルの固定部は動かさないようにして、駆動部だけを動かしてMバーを削ってくださいね。


私のオススメ工具

■ Mバー用

■ ダウンライト用

まとめ

今回はMバーカッターを紹介しました。

Mバー用とダウンライト用の2種類があります。

Mバー用は天井下地が見えている状態で使用し、ダウンライト用は石膏ボードが貼った状態で使用する工具です。

ダウンライト用は、Mバー用に比べると使用頻度は少ないので、最初に検討するのはMバー用がいいと思います。

■ 関連記事

・ Cチャンカッターに関する記事はこちら
Cチャンカッターの種類と使い方! Cちゃんをラクラク一発切断




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

25年間、電気工事士として沢山の種類の工具を使ってきました。 今まで使ってきて、便利だと思う工具を紹介しています。 工具を選ぶ時の参考にしてくださいね。