耐電シートの種類と使い方! 活線作業、又は活線近接作業に従事する時に

YOTSUGI 高圧プラスチックシート YS-203-11-01




こんにちは、長島です。

今回は『耐電シート』を紹介します。

低圧電気回路や高圧電気回路で活線作業、又は活線近接作業に従事する時に使用する保護具です。

感電防止する保護具として

・ 低圧用・高圧用ゴム手袋
・ 絶縁ゴム長靴
・ 絶縁服
・ 絶縁ズボン
・ 耐電シート
・ 耐電ゴムシート

主に、上記6種類があります。

今回は、耐電シートをについて紹介しようと思います。

耐電シートを選ぶ時の参考にしてくださいね。

耐電シートとは

低圧電気回路や高圧電気回路で活線作業、又は活線近接作業に従事する時に使用する保護具です。

YOTSUGI 高圧プラスチックシート YS-203-11-01
出典元:ヨツギ株式会社

停電作業する場合には、滅多に使用する事はありません。

耐電シートはマジックテープで固定できるタイプもありますが、マジックテープだけでは止められない場合もあります。

そのような場合には、シートクリップで固定すると任意の場所で固定する事ができますよ。

耐電シートの種類

■ メーカー

・ ASAHI(渡部工業株式会社)
・ DENSAN(ジェフコム株式会社)
・ YOTSUGI(ヨツギ株式会社)

他にもあると思いますが、耐電シートを販売している代表的なメーカーを記載しています。

■ 使用電圧

・ 低圧用
交流(AC)300V以下、600V以下
直流(DC)750V以下
使用できる電圧です。

直流は750V以下で使用できますが、交流だと300V以下でしか使用できないタイプと、600V以下と使用できるタイプの2種類があります。

300V以下だと、400Vの低圧電気回路で使用できないので、購入するなら交流だと600V以下、直流だと750V以下までのタイプがオススメです。

・ 高圧用
交流(AC)7000V以下
直流(DC)7000V以下
交流・直流とも7000V以下になっています。

■ 材質

・ P.V.C ポリ塩化ビニル(塩ビ)
・ E.V.A.C エチレン・酢酸ビニル樹脂
・ ポリウレタン
・ 合成繊維入(EVA)
・ 天然ゴム

耐電シートの材質です。

ビニル系が多いですね。

天然ゴムの方が、絶縁性は高いですが、厚みがあると自由に巻く事が難しくなります。

その為、ビニル系の耐電シートの種類が多くなっています。

■ 形

・ 長方形
オーソドックスな耐電シートです。
色々な場面で使用できるタイプです。

YOTSUGI 高圧プラスチックシート YS-203-11-01
出典元:ヨツギ株式会社

・ 分岐カバー用
高圧の分岐カバーを保護する、分岐カバー専用の耐電シートです。

YOTSUGI 分岐カバー YS-220-01-03
出典元:ヨツギ株式会社

・ トランス用
高圧のトランスを保護する、トランス専用の耐電シートです。

YOTSUGI トランスシート YS-204-05-02 I型 Ⅱ型
出典元:ヨツギ株式会社

・ 引留カバー用
高圧の引留カバーを保護する、引留カバー専用の耐電シートです。

YOTSUGI 引留カバー YS-220-02-01
出典元:ヨツギ株式会社

・ 縁廻りシート

YOTSUGI 縁廻りシート YS-220-01-05
出典元:ヨツギ株式会社

■ サイズ

・ 小さいサイズ 300mm×500mm
・ 大きなサイズ 1000mm×10000mm(10m)

10mもあるタイプは、使用したい長さにカットできるように長くなっています。

よく見かけるのは、たて1000mm×よこ1000mmです。

このサイズが一番使いやすいかと思います。

トランスを保護する耐電シートは、長さが2300mmもあるので、トランスを丸ごと保護する事ができますよ。

他にもASAHIの耐電シートは、既製品以外でも注文をすれば、任意のサイズに特注する事も可能です。

既製品よりも大きなサイズが欲しい場合には、特注で頼んでみてはいかがでしょうか。

■ 色

・ 高圧用 黄、茶
・ 低圧用 黄、緑、青、橙、赤、透明

絶縁服や絶縁ズボンは、色が黄しかありませんでしたが、耐電シートの低圧用に限っては色がカラフルになっています。

黄が一番オーソドックスで見慣れているかと思いますが、他にも緑、青、橙、赤、透明があります。

色が付いている耐電シートだと、耐電シートを施した向こう側が見えませんが、透明の耐電シートだと、耐電シートの向こう側が見えるというメリットがありますよ。

お好きな色を選んでみてもよいかも知れませんね。

ただしカラフルな耐電シートだと、耐電圧が300V以下になっています。

その点だけは注意されてくださいね。

■ 試験電圧

・ 低圧用 1分間、3000V
・ 高圧用 1分間、20000V

商品が完成後、絶縁試験が実施されています。

低圧用は、3000ボルトの電圧を1分間流して試験しています。

高圧用だと、2万ボルトの電圧を1分間流して試験しています。

その試験に合格された商品だけが販売されています。

定期自主検査

低圧電気回路や高圧電気回路で活線作業、又は活線近接作業に従事する時に使用工具では、種類によって定期自主検査が必要な絶縁工具があります。

以下の自主検査が必要です。

第351条(絶縁用保護具等の定期自主検査)

事業者は、第348条第1項各号に掲げる絶縁用保護具等(同項第5号に掲げるものにあっては、交流で300ボルトを超える低圧の充電電路に対して用いられるものに限る。以下のこの条において同じ。)については6月以内ごとに1回、定期に、その絶縁性能について自主検査を行わなければならない。

ただし、6月を超える期間使用しない絶縁用保護具等の当該使用しない期間においては、この限りでない。

2 事業者は、前項ただし書の絶縁用保護具等については、その使用を再び開始する際に、その絶縁性能について自主検査を行わなければならない。

3 事業者は、第1項又は第2項の自主検査の結果、当該絶縁用保護具等に異常を認めたときは、補修その他必要な措置を講じた後でなければ、これらを使用してはならない。

4 事業者は、第1項又は第2項の自主検査を行ったときに、次の事項を記録し、これを3年間保存しなければならない。

一 検査年月日
二 検査方法
三 検査箇所
四 検査の結果
五 検査を実施した者の氏名
六 検査の結果に基づいて補修等の措置を講じたときは、その内容

労働安全衛生規則 第351条(絶縁用保護具等の定期自主検査)に記載しています。

定期自主検査の対象になっている耐電シートを購入した時には、必ず実施するようにしましょうね。

メーカーでは、定期自主検査に該当しない耐電シートでも、定期自主検査同様の検査を推奨しているみたいです。

定期自主検査する義務はないでしょうが、実施することに越したことはないと感じています。

■ 絶縁性能試験基準

厚生労働省安全衛生規則安全基準第5章(電気による危険の防止)第5節(管理)第351条「絶縁用保護具等の定期自主検査」に基づき活線作業及び活線近接作業に使用する絶縁用保護具及び防具等の定期的試験(6ヶ月毎に一度)を行うことにより、安全性を検証するための絶縁性能試験を確かめる事となっています。

製造元のメーカーで検査してくれますよ。

① 外観検査
・ キズ
・ 汚れ
・ 劣化等
目視により検査します。

② 耐電圧検査
・ 水中試験
・ 気中検査
規定電圧で1分間耐えられる試験をします。
使用電圧値が7,000V以下の場合、10,000V以上で1分間
使用電圧値が3,500V以下の場合、6,000V以上で1分間
使用電圧値が600V以下の場合、1,500V以上で1分間

③ 耐用年数超過検査
・ 絶縁用保護具:5年(手袋・長靴等、身体に着用するもの)
・ 絶縁用防具:10年(ゴムシールド管等、充電部に直接装着するもの)
・ 絶縁用防護具:10年(電柱防護帯等)
購入日より、耐用年数が過ぎていないか検査します。

この検査に合格された絶縁用保護具にだけ、試験合格証と試験成績書がもらえます。

試験合格証は、絶縁用保護具に貼り付け、試験成績書は事務所にて保管する必要があります。

絶縁用保護具や防具をお持ちの方や、これから購入しようと検討されている方もこのような検査があると、知っておいた方が良さそうです。

耐電シートの使い方

充電部に巻いて使用します。

低圧電気回路や高圧電気回路で活線作業、又は活線近接作業する場合に、流出感電を防止するために使用しています。

入り口に近い場所から養生し、徐々に奥の方に向かって養生していきます。

耐電シートには、長方形・分岐カバー用・トランス用・引留カバー用・縁廻りシートがあります。

この5種類を利用して、作業中に充電部に触れないような場所を養生してください。

耐電シートは、マジックテープで固定できるタイプもありますが、マジックテープだけではちょっと不安です。

シートクリップを利用して固定すると、マジックテープよりも簡単に固定できるとおもいますよ。

撤去する場合は、設置する時の逆に、奥の方から外していきます。

間違っても入り口側から撤去しないように注意されてくださいね。

私のオススメ工具

 

まとめ

今回は耐電シートを紹介しました。

低圧電気回路や高圧電気回路での活線作業、又は活線近接作業に従事する時に使用する安全保護具です。

・ 長方形
・ 分岐カバー用
・ トランス用
・ 引留カバー用
・ 縁廻りシート

上記、5種類があります。

この5種類の中でも、1番使いやすいのは長方形です。

色々な場面で使用できるので、最初に検討するタイプだと思います。

他のタイプは必要に応じて検討してもよいと思いますよ。

絶縁工具は定期自主検査が必要なタイプがあるので、それに該当するタイプを購入した場合には、定期自主検査を実施するようにしてくださいね。

メーカーは、定期自主検査に該当しない耐電シートでも、定期自主検査同様の検査を推奨しているみたいです。

自分の身を守る為に必要な自主検査です。

必ず実施するようにしてくださいね。

■ 合わせて読みたい関連記事

・ 検電器に関する記事はこちら
検電器の種類と使い方! 外装被覆の上から検電

・ 低圧用・高圧用ゴム手袋に関する記事はこちら
低圧用・高圧用ゴム手袋の種類と使い方! 活線作業、又は活線近接作業に従事する時に

・ 絶縁ゴム長靴に関する記事はこちら
絶縁ゴム長靴の種類と使い方! 活線作業、又は活線近接作業に従事する時に

・ 絶縁服に関する記事はこちら
絶縁服の種類と使い方! 活線作業、又は活線近接作業に従事する時に

・ 絶縁ズボンに関する記事はこちら
絶縁ズボンの種類と使い方! 活線作業、又は活線近接作業に従事する時に

■ 長島のTwitter

フォローしてもらえると嬉しいです。
twitter.com/nama_nagashima




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です