塩ビパイプベンダーの種類と使い方! 塩ビパイプを潰さずに曲げられる

DENSAN 塩ビパイプベンダー DPV-28




こんにちは、長島です。

今回は『塩ビパイプベンダー』を紹介します。
塩ビパイプを曲げる時に使用する工具です。

工具を選ぶ時の参考にしてくださいね。

塩ビパイプベンダーとは

塩ビパイプの中に入れて、曲げる時に使用する工具です。

塩ビパイプを潰さずに曲げられます。

DENSAN 塩ビパイプベンダー DPV-28


出典元:ジェフコム株式会社

スプリングになっている塩ビパイプベンダーを、塩ビパイプの中に入れて使用するので、塩ビパイプが潰れる事がありません。

塩ビパイプベンダーの種類

■ メーカー

・ DENSAN(ジェフコム株式会社)

他にもあると思いますが、塩ビパイプベンダーを販売している代表的なメーカーを記載しています。

■ 使用できる塩ビパイプの種類

・ VE28
・ VE36

上記、2種類しかありません。

以前はVE22用もありましたが、今ではなくなっています。
あまり売れなくて廃盤になったのかも知れませんね。

■ サイズ

・ 幅
25.5mm、32.5mm

・ 奥行
900mm

・ 重さ
1050g、1330g

塩ビパイプベンダーのメリット・デメリット

■ メリット

・ 塩ビパイプが折れない・潰れない
スプリングになっている塩ビパイプベンダーがパイプの内側に入るので、折れたり・潰れたりする事がありません。

■ デメリット

・ 塩ビパイプベンダーよりも短いサイズでしか使用できない。
塩ビパイプベンダーが900mmしかないので、それより長いパイプでは使用できません。
しかし、ロープ等に取付けて、曲げた後で回収できるなら、長いパイプでも使用できるかも知れませんね。

・ 温め過ぎるとスプリングと、くっ付く。
パイプを温め過ぎて、溶けるまで温めるとスプリングの間に塩ビが入り込み、抜けなくなってしまう可能性があります。

温め過ぎには十分に注意してくださいね。

塩ビパイプベンダーの使い方

■ 90°のノーマルを作る場合

① 900mm以下で塩ビパイプを切断する。
塩ビパイプベンダーのスプリング部分が900mmしかありません。900mmよりも短い長さで使用してください。
ただし、1本物の塩ビパイプで使用したい場合は、塩ビパイプベンダーにロープを取付けて、温めた後に引き抜けるなら、長いままで使用する事もできると思います。

② 塩ビパイプに塩ビパイプベンダーを入れる。
サイズに合った塩ビパイプベンダーを使用してください。
VE36にVE28用を入れて曲げると、折れたり曲がったりする場合もあります。
サイズに合った塩ビパイプベンダーを利用する事で、折れたり曲がったりしなくなります。

③ 塩ビパイプを温める。
塩ビパイプが柔らかくなるまで温めます。
トーチランプかヒートガンを利用して温めます。
塩ビパイプを焦がさないように注意して温めてくださいね。

④ 塩ビパイプを曲げる。
90°になるように曲げます。
曲がりがキツイなら温めなおしてくださいね。

⑤ 塩ビパイプが固まるまで待つ。
塩ビパイプが90°のまま動かなくなるまで待ちます。
塗れタオルを塩ビパイプにかけると固まるのが早いですよ。

⑥ 塩ビパイプベンダーを抜く。

以上、塩ビパイプベンダーの使い方でした。

■ 注意する事

塩ビパイプをトーチランプやヒートガンで温める時には、一点を温めないように注意してください。

一点を温めると簡単にコゲてしまいます。

温める場合は、上下左右に揺らしながら炙ってくださいね。

 

私のオススメ工具

 

まとめ

今回は塩ビパイプベンダーを紹介しました。

塩ビパイプベンダーは、塩ビパイプが潰さずに曲げられる便利な工具だと思います。

塩ビパイプを利用している方にはオススメです。

検討してみてはいかがでしょうか。

 

■ 合わせて読みたい関連記事

・ パイプベンダーに関する記事はこちら
パイプベンダーの種類と使い方! 金属配管を自由に曲げられる

・ トーチランプに関する記事はこちら
トーチランプの種類と使い方! 炎を出す工具

・ ヒートガンに関する記事はこちら
ヒートガンの種類と使い方! 600℃の温風を出す工具

■  長島のTwitter

フォローしてもらえると嬉しいです。
https://twitter.com/nama_nagashima




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

25年間、電気工事士として沢山の種類の工具を使ってきました。 今まで使ってきて、便利だと思う工具を紹介しています。 工具を選ぶ時の参考にしてくださいね。